本文へスキップ

新しい視点でパソコンを見つめる BL-ITgroup

ITニュースIT news

パソコン 最新情報

さらばIE、マイクロソフトの新生ブラウザー
2015/03/30
   

ウィンドウズ95から20年にわたってパソコンユーザーになじんできた「インターネットエクスプローラ」(IE)がいよいよ世代交代する。米マイクロソフトが2015年夏に発売を予定している「ウィンドウズ10」では、「プロジェクト スパルタン」(コードネーム、以下スパルタン)と呼ぶ新しいウェブブラウザーを追加し、IEは互換性を保つためだけに存在する“控え”という扱いになる。3月30日、ウィンドウズ10の機能を体験できる最新プレビュー「ビルド10049」が公開され、ついにスパルタンが追加された。

■ウェブブラウザーの重要性高まる
一昔前にウェブブラウザーで行うことといえば、「インターネット上での情報収集」程度だった。しかし現在は、SNSや金融サービス、ゲームなど、ウェブブラウザー上で利用できるサービスは大幅に増えており、非常に重要な役割を担うアプリとなっている。ウェブサイトを記述する言語の機能も向上しており、今後はますます重要性が高まる。

 スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスでは、アプリを通じてそうしたサービスを利用することも多い。しかしアプリの機能や使い勝手は、アプリの実装によって変わる。ウェブブラウザー上で利用できるサービスであれば、原則的にどのOSでも同じ機能を、同じインターフェースで利用できる。


マイクロソフトは、ウィンドウズ10をスマートフォンやタブレット、さらには組み込み機器にまで浸透させようとしているが、ほかのスマートデバイス用OSに比べ、アプリが充実していないという弱点を抱える。しかし優れたウェブブラウザーで先進的なウェブサービスを利用できるようになれば、こうした弱点をカバーできる。

 ウィンドウズにも、ウィンドウズ8.1アップデートまでで利用できたIEがある。しかしIEは、あくまでパソコン上で利用することを前提に改良されてきたウェブブラウザーであり、ウェブコンテンツを表現する「レンダリングエンジン」は、マイクロソフト独自の表示を優先する傾向にある。

そのため、スマートデバイスも含めて広く普及が見込まれるウィンドウズ10向けのウェブブラウザーとしては、時代遅れな設計だった。これを解消するために導入されるのが、ビルド10049ではじめて搭載されたスパルタンという新しいウェブブラウザーだ。

スパルタンはウィンドウズ10と同じく、状況に応じて常に最新版の提供が行われるという。バージョンの区切りでサポートが打ち切られることもない。ウィンドウズ10にアップデートすれば、OSについてもウェブブラウザーについても、ウィンドウズXPのサポート打ち切り騒ぎのようなことは考えなくてもよくなるということだ。

本当にそんなことが可能なのかどうかはまた別問題だが、かなりアグレッシブな試みと言える。ただし、既存の古い技術を使うウェブサイトや企業内サイトは多いため、ウィンドウズ10ではスパルタンとIEの両方がインストールされる。ユーザーが利用する環境やサービスに合わせ、好きなウェブブラウザーを選択できるわけだ。

BL-ITグループ

〒552-0014
大阪市港区八幡屋1丁目9-2

TEL 06-6573-4321